インストラクター紹介

PIANO 佐藤 允彦

インターナショナル・アーティストであると同時に、日本音楽界の重鎮である。日本国内外で数多くのアルバムを発表し、国際的にも高い評価を得ている。作・編曲、音楽監督、さらに自身のプロデュースレーベルを創設するなど、多面化するその活躍で常に注目を集めるアーティストである。

GUITAR 井上 博

自身のグループ『RASA』『Del Mare』を中心にスタジオ・ワーク、アレンジなど多彩な活動をおこなう。当校では後進の指導に当たり、最新の音楽家育成のカリキュラムで絶大な信頼を集めている。「過去の素晴らしい音楽に斬新なアイデアを加えることによって、より良い音楽が生まれる。我々は素晴らしい音楽にめぐりあえることや、個性的なアイデアを出せる能力を養うことを常に考えなければならないと思う」

PERCUSSION 大儀見 元

1984年に、後にグラミー賞ラテン新人部分にノミネートされることになるサルサバンド、「オルケスタ・デ・ラ・ルス」を結成。 国内外より圧倒的な人気と支持を得る。同グループ脱退後、’91年、生活の拠点をニューヨークに移す。 ニューヨークサルサ屈指のボーカリスト、Tito Nievesバンドにコンガプレイヤーとして参加。 サルサ史上日本人としては初めて、リズムセクションを支え、世界中をツアーする。 帰国後、矢沢永吉、Dreams Come True、佐藤竹善、角松敏生、塩谷哲、綾戸智絵、松岡直也など、ロック、ポップス、ジャズ等様々なビック・アーティストのツアー、レコーディングに参加。 現在は、最強のラテングルーブと言われる、自己のバンド「SALSA SWINGOZA」をはじめ、菊地成孔DCPRG、ペペ・トルメント・アスカラールでの活動など、現在の日本を代表するパーカッショニスト。

DRUMS 大槻“Kalta”英宣

自身のグループ「VERTICAL-ENGINE」での活動の他、TOKU・小沼ようすけ・日野賢二・秋田慎治と「TKY」を結成。フジロックフェスティバル、情熱大陸サマータイムボナンザ、東京ジャズ、をはじめ、日本全国の音楽フェスティバルに出演。また野崎良太(key,prog)率いる「JAZZTRONIK」、太田剣(sax)のカルテット「SWINGROOVE」「小沼ようすけ(gt)/nu jazz」、ニクラス・ウィンター(gt)やユッカ・エスコラ(tpなど)ジャズ界を中心とした数々の一流アーティストのドラマーとして活動。

SAX 後関 好宏

自身のグループ「VERTICAL-ENGINE」での活動の他、TOKU・小沼ようすけ・日野賢二・秋田慎治と「TKY」を結成。フジロックフェスティバル、情熱大陸サマータイムボナンザ、東京ジャズ、をはじめ、日本全国の音楽フェスティバルに出演。また野崎良太(key,prog)率いる「JAZZTRONIK」、太田剣(sax)のカルテット「SWINGROOVE」「小沼ようすけ(gt)/nu jazz」、ニクラス・ウィンター(gt)やユッカ・エスコラ(tpなど)ジャズ界を中心とした数々の一流アーティストのドラマーとして活動。

BASS 櫻井 哲夫

カシオペアのオリジナルメンバーとして活動後、神保彰とJIMSAKUを結成。現在はソロとして活動し海外でも高い評価を得るベーシストである。「ベーシストとしての役割を踏まえつつ音楽全体を理解できるミュージシャンを育てたい。教えてもらうことを待っているのではなく、積極的に貪欲に学びたいという姿勢で入学してほしいと思っています」

BASS 佐藤 慎一

リーダーアルバムを発表する他、ジャズを中心にファンク、ロックなどジャンルを越えて数多くのアーティスト達と共演。国外でも様々なジャズフェスティバルに出演し、2008年のモンタレージャズフェスティバルでは高い評価を得ている。

SAX 沢井 原兒

自身のリーダーアルバムを発表する他、数々のバンド、セッションに参加。とくにビル・ラズウェルプロデュースによるアルバムではその先鋭的なサウンドで注目を集める。プロデューサーとして40枚以上のアルバムも手がけている。

TRUMPET 田中 充

自身のバンド「ミツルジルシ」を率いて活動中。またジャズだけではなく、一青窈、今井美樹、スキマスイッチ、Dreams come true等のツアー、レコーディング等にも参加、ソロワークとセクションワーク両面で活躍している。

TROMBONE 堂本 雅樹

原信夫とシャープス&フラッツ、Eric Miyashiro EM Bandなど多数のビッグバンドの他、サルサ・スウィンゴサ、向井滋春4Trombonesなどのコンボ、スタジオ録音などで活動。特にバストロンボーンでのプレイが高い評価を得ている。

PIANO ハタヤ テツヤ

大阪音楽大学にてHank Jones、石井彰、今出哲也各氏にピアノを師事。 卒業後「Ego-Wrappin’」のピアニスト/キーボーディストとしてキャリアをスタートさせる。 2004年インストゥルメンタル・ジャムバンド「grooveline」に加入、ビクターエンタテインメントより「one minute」「the missing key」の2作品をリリース。 2006年同バンド脱退後はピアニスト/作編曲家として秦 基博、BONNIE PINK、元ちとせ、JUJUなど様々なレコーディング、ツアーに参加するかたわら「Cuebach」名義でのソロ活動を開始。 VJとのコラボレーション、ピアノ+エレクトロニカ、サウンドインスタレーションの可能性を追求している。

DRUMS 本田 珠也

自身のバンド『PLANET X』のほか『DUB SEXTET』(菊地成孔)、渡辺貞夫、ケイ赤城トリオなどのレギュラーメンバー。さらにマル・ウォルドロン、ジュニア・マンスとの共演など、国内外で絶大な支持を得る存在である。

GUITAR 矢堀 孝一

日本のジャズ・フュージョンシーンを代表するギタリストである。『FRAGILE』、『FAZJAZ.jp』等グループでの活動、またソロとして多数のアルバムをリリース。マイク・スターン、ロベン・フォードを始め海外一流ミュージシャンとの共演でも高い評価を受けている。

GUITAR 養父 貴

バークリー音大でギターと作・編曲を学ぶ。mihimaru GT、倖田來未、渡辺貞夫ほかジャンルを超え、様々なアーティストのレコーディング、ライヴに参加。リットーミュージック刊『ギタリストのための全知識』はベストセラーを樹立。「人からのアドバイスで上達することは多い。僕自身、何度も経験してきました。今度は僕がみんなにそんなきっかけを与えて上達してくれたら嬉しいです」

Mesar Jazz Labo:ジャズインストラクターに会う

ジャズのジャンルは、ほぼ1世紀前から存在しており、明るいクラシック音楽で広く知られています。しかし、このタイプのメロディーを演奏することはあなたが思うほど簡単ではないかもしれません。ジャズミュージシャンとして成功するには、実際には多くの努力と献身が必要です。

これが、人々が知識を広げるために専門家からの助けと指導を必要とする理由です。自分でジャズを学ぶのは難しいと思います。あなたがあなたのスキルを磨くためのより速い方法が欲しいなら、私たちはあなたのための解決策を手に入れました! 

ここメサールジャズラボには、最高の教師しかいません。私たちは特に、さまざまな学校でのバックグラウンドを持ち、多くのパフォーマンスを発揮した専門家を選びました。あなたはきっとこれらの才能のある人々と多くを学ぶでしょう。アカデミーに入学する際に、私たちの優れた教師についてさらに学ぶために読んでください:

主任講師

佐藤允彦-ピアニスト

佐藤允彦は国際的なアーティストであり、日本の音楽界の主要人物です。国内外で数多くのアルバムをリリースし、国際的にも高い評価を得ています。作曲・編曲、音楽監督、自身の制作レーベル設立など多面的な活動で常に注目を集めているアーティスト。現在、彼は時々メサールジャズラボで生徒に教えています。

ギターインストラクター

井上宏井上

宏は、ここメサールジャズラボでギターを学ぶ機会を学生に提供することに取り組んでいます。また、「RASA」や「Del Mare」など、自身のグループを中心にスタジオワークや編曲など様々な活動を行っている。彼の作品の他に、彼はアカデミーの最新のカリキュラムの提供にも貢献しています。過去の音楽に新しいアイデアを加えることで、より良い音楽が生まれると彼は言う。

矢堀

孝一矢堀孝一は、今日の日本のジャズフュージョンシーンを代表するメサエジャズラボのギターインストラクターです。 「FRAGILE」や「FAZJAZ.jp」などのグループで活躍し、数々のアルバムをリリースし、全国各地でライブパフォーマンスを披露。彼はまた、マイク・スターンやロベン・フォードなどの海外のトップミュージシャンと共演したことでも高い評価を受けています。

養父

貴養父貴は現在、マージャズラボの生徒たちにギターのレッスンを教えています。学び バークリー音楽大学で、Mihimaru GT、倖田來未、渡辺貞夫など様々なアーティストのレコーディングやライブパフォーマンスに参加。彼は意欲的なミュージシャンに彼らのスキルを磨き、将来成功するミュージシャンになる機会を提供することに専念しています。

櫻井哲夫

日本で人気のバンド、カシオペアのオリジナルメンバーを経て、神保彰とジンサクを結成。現在はソロアーティストとして活動するベーシストであり、海外でも高い評価を得ています。 Mesar Jazz Laboのインストラクターとして、ベーシストを務めながら音楽全体を理解できるミュージシャンを育成したいと考えています。彼は、彼らが教えられるのを待つのではなく、積極的に学ぶという態度で彼らに登録してもらいたいと思っています。

佐藤真一佐藤

真一は、メサールジャズラボの現在のベーシストインストラクターです。彼はジャズ、ファンク、ロックなどのジャンルの多くのアーティストと共演してきました。それに加えて、彼は海外の様々なジャズフェスティバルにも参加し、2008年のモントレージャズフェスティバルで高い評価を得ています。

パーカッションのインストラクター

のGen大宜味

ゲン大宜味は、人気のパーカッショニストのプレーヤーであり、現在Mesarジャズラボで教えています。 1984年に彼は「オルケスタデラルス」を結成しました。これは後にラテン新人のためのグラミー賞にノミネートされるサルサバンドです。当時、大宜味村は国内外から圧倒的な人気と支持を得ていました。グループを去った後、1991年に彼の人生の拠点をニューヨークに移しました。 

その後、彼はコンガプレーヤーとしてニューヨークサルサで最高のボーカリストの1人であるティトニエベスバンドに参加しました。帰国後、矢沢永吉、ドリームズ・カム・トゥルー、佐藤竹善、角松敏生、塩谷哲、綾戸智恵、松岡直也など、様々なビッグアーティストのツアーやレコーディングに参加。現在は自身のバンド「SALSASWINGOZA」をはじめ、日本を代表するパーカッショニスト。

ドラムインストラクター

大槻 ‘カルタ’秀信

大槻秀信は現在メサールジャズラボで教鞭をとっているプロのドラマー。現在、TOKU、小沼ようすけ、日野賢二、秋田慎治とTKYという新しいバンドグループを結成。彼は通常、フジロックフェスティバル、情熱大陸サマータイムボナンザ、東京ジャズなど、全国の音楽祭に出演しています。彼は世界中の多くの主要なアーティストのアクティブなドラマーです。

本田

珠也自身のバンド「PLANETX」の他に、ここメサールジャズラボでフルタイムのドラムインストラクターを務めています。 『DUB SEXTET』(菊地成孔)、渡辺貞夫、赤城圭トリオのメンバーでもある。ライブステージに触れたことで、マル・ウォルドロンやジュニア・マンスとともに、国内外で絶大な支持を得ています。

ブラスインストラクター

五関義博五関

義博はメサールジャズラボのサックス部門長。菊地成孔にジャズサックス、雲井雅人にクラシックサックスを学ぶ。世界最大のバリトンサックスアンサンブル「東京中低音域」に参加し、「ロンドンジャズフェスティバル」に出演したことで知られる。 

現在、在日ファンク、スティミング、WUJABINBINなど様々なバンドで活躍。また、スタジオミュージシャンとして「EGO-WRAPPIN」、「スーパーフライ」、「レミオロメン」などのアーティストのライブパフォーマンスやレコーディングにも参加。現在、日本では映画、テレビ、コマーシャル、演劇の音楽制作にも携わっています。

Genji Sawai

Genji Sawaiは、ここメサールジャズラボで意欲的なジャズミュージシャンのスキルを伸ばすことを目的とした、サクシスのインストラクターの1人です。彼は世界中の数多くのバンドやセッションに参加してきました。それらの1つには、ビル・ラズウェルによって行われた制作が含まれます。さらに、彼は40枚以上のアルバムにも取り組んできました。

田中

満田中満は、メサールジャズラボでトランペットを教えることに専念しているインストラクターの一人です。現在、「みつるジルシ」というバンドのアクティブメンバー。ジャズのほか、一青窈、今井美樹、スキマスイッチ、ドリームス・実現のツアーやレコーディングにも参加。

堂本

正樹原信夫、シャープス&フラット、エリック・ミヤシロEMバンドなどのビッグバンドに加え、ここメサールジャズラボではトロンボーンインストラクターも務めています。また、サルサ・スウィンゴザや向井滋春4トロンボーンなどのバンドともコラボレーション。

ピアノインストラクター

ハタヤテツヤ

ハタヤテツヤは現在、ここメサールジャズラボのピアニスト教師であり、新しいカリキュラムの主要な貢献者の一人です。大阪音楽大学でハンク・ジョーンズ、石井晃、石出哲也に師事。卒業後、「Ego-Wrappin」のピアニスト/キーボード奏者としてキャリアをスタート。 2004年にはインストルメンタルジャムバンド「グルーヴライン」に参加し、ビクターエンターテインメントから「1分」と「ミッシングキー」の2作品をリリース。 

2006年にバンドを脱退後、秦基博、BONNIE PINK、元ちとせ、JUJUなど様々なレコーディングやツアーに参加しながら、「キューバッハ」という名でソロ活動を開始。

ボーカルインストラクター

小池道明小池

道明は参加した人気ボーカリスト1994年にデュアルドリームに。ボーカルの他、キーボード、歌詞、作曲、サウンド制作も担当。彼はコマーシャルや映画の挿入曲などのスタジオワークからラジオパーソナリティまですべてを扱っています。このため、彼はここメサールジャズラボで音楽をもっと好きになるレッスンをすることを約束しました。

板橋理恵板橋

理恵はかつてメサールジャズラボの学生でした。 卒業後、東京で人気を博した癒しのエッセンスを取り入れ、歌とギターのアコースティックユニット「ブルーフラワー」を結成。現在ソロアーティストとして活動し、舞台公演、音楽制作、音楽提供など様々な分野で活躍。現在、彼はプロのミュージシャンになるために必要なことをメサールで学生に教えることに焦点を当てています。

有坂美香

15歳で渡米、ミュージカルの舞台公演を取得し、バークリー音楽大学で学者として学ぶ。また、人気アニメ 『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のエンディングを歌い、オリコンデイリーで1位を獲得。 2008年には、ポニーキャニオンから「Aquantum」という1stアルバムもリリースしました。現在、彼はJazztronikとReggae Disco Rockersのメインボーカルであり、ここMesar JazzLaboのボーカルコーチです。

石田匠

1998年に万華鏡でデビューした石田は、「ハピネス」という曲や「GO」という映画で絶大な支持を得た。これらの業界で働いた後、彼はここ日本で意欲的な歌手のためにボーカルコーチングを受けることに決めました。