追悼:アランホールズワース

あるインタビュアーが<エディヴァンヘイレン>に『世界で一番上手いギタリストと言われる気分は?』と聞いたところ
『世界で一番上手いギタリストはアランホールズワースさ!』と答えたのはあまりにも有名な話。

先日、ギター界のレジェンド、アランホールズワースさんが亡くなりました。
その超絶技巧のテクニックに魅了されたギタリストはとても多いはず。
左手だけでおこなうレガートな奏法、日本人の手では少し無理のあるインターバルなプレイとタッピング、ギタリスト泣かせのストレッチのあるコードヴォイシング、そしてシンセチックなギターサウンド、当時はすべてが斬新でした。
そんなアランホールズワースさんがセミナーで来校したのは1987年。
持ち込み機材に非常に高価なものが多く、当時のメーザースタッフはドキドキだったとのこと。
愛用していた赤黒のアイバーニズ製ギターにハムバッカーをつけたギターを使用し、セミナーをおこないました。

当時の写真。

ご冥福をお祈り致します。

アラン・ホールズワース