音楽に関する事実

ここMesar Jazz Laboでこの記事について読むと、音楽についてのすべてと、音楽が世界を絶えず変化させてきた方法を学ぶことができます。音楽業界の進化は、から始まり

作曲家、ミュージシャン、ソングライターます。それでは、自分自身やクライアントのために音楽の財産を作ったり壊したりしたこれら3人の重要な人々についてすべてを学ぶことから始めましょう。

音楽作曲家:私たちが覚えている限り、私たちのほとんどはある種の音楽を聴いていました。そのいくつかは、ポップミュージック、ラップミュージック、クラシック音楽、ロックンロール音楽、または他の種類の音楽である可能性があります。しかし、どんな音楽が好きでも、あなたはおそらく、すべての偉大な歌手や楽器奏者が生まれたのであって、作られたのではないということに100%同意するでしょう。

実際、ほとんどの場合、優れた歌手や楽器奏者は「作られた」ものではありません。彼らは「生まれた」のです。彼/彼女がそのようなレベルのスキルと専門知識に非常に迅速に到達することを可能にするのは音楽の天才の天才です。そして、同じことが作曲家にも当てはまります。世界クラスのミュージシャンや作曲家になることは非常に困難です。そのようなレベルの卓越性を達成するには、自然な才能と「天才」を持って生まれなければなりません。これが、多くの人が「オリジナル」の曲と「カバー」の曲を構成するものについて意見を持っている理由です。彼らは、特定の曲が「伝統的」になり、他の誰にも取り上げられてはならないと言うかもしれません。

作曲家、作詞家、音楽出版社、レコード会社、DJ、そして今…もちろん…DJ!

この状況について何かをしている一人の男はマーク・ウォルバーです。昔、コンピューターやMP3プレーヤーが登場する前は、DJは12インチのレコードを再生していました。当時、特定の曲を繰り返し聴きたい場合は、レコードを何度もスピン(再生)して、曲(注:2回まったく同じように聞こえることはありません!)現在、MP3プレーヤー、CD、およびインターネットを使用すると、DJは、レコードを絶えず変更することなく、再生したい曲をスキップできます。もちろん、クライアント(ディスコパーソン)はDJの演奏に注意を払う必要がなくなり、代わりに気を散らすことなく楽しい時間を過ごすことに集中できます。ことです。

これはビジネスにとって悪い