Mesar Jazz Labo:ジャズ音楽の楽器要素

ジャズ音楽は、真に生まれた数少ない種類の音楽の1つであるため、米国中で高く評価されています。国から。ルイジアナ州ニューオーリンズで最初に開発され、米国だけでなく世界中で人気のある人々に成長しました。 

ジャズに影響を与えた音楽は、主にブルースの音、伝統的な葬儀音楽、そして南部原産のラグタイムの歌です。それは一般的に、明確な即興性を持ったペースの速い音楽として説明されています。 

さらに、今日のジャズを作るのは、楽器が作る音のユニークなブレンドです。ジャズに独特のスタイルを与える要素を理解することで、ジャズ音楽をより深く知ることができます。

ジャズの楽器要素 

ジャズは、楽器のさまざまな音を調和させて作られる美しい曲です。ここメサールジャズラボで、ジャズのインストルメンタル要素を分析しましょう。ジャズで最も一般的な楽器は次のとおりです。

  • ベース 

ベースはベースギターで作成されたローチューンであり、他の楽器のようにはっきりとした独特の音はありません。低音が出す音はほとんど目立たないが、それは他の楽器のリズミカルな基盤を作る。さらに、優れたハーモニックサポートを提供します。

  • ドラム

他のすべての現代音楽と同じように、ドラムはジャズ音楽のビートを維持することによって曲の動きを促進します。ジャズには曲ごとに変化するワイルドなビートがあるため、ジャズのすべてのドラムプレーヤーは、定期的にプレイスタイルを変更する方法を知っている必要があります。 

これにより、他のミュージシャンが設定したビートを補完することができます。ほとんどが即興であるため、ジャズ音楽でドラムを演奏するには才能のあるプレーヤーが必要です。 

  • ピアノ 

ジャズ音楽では、ピアノは和声楽器とリズム楽器の役割を果たすことができます。コンピングと呼ばれるテクニックでパーカッションを提供できるように演奏されます。 

また、キーを使って柔らかな音を弾いてメロディーを作ることもできます。多くのジャズピアニストは、片方の手でリズムに焦点を合わせてピアノを弾き、もう片方の手でメロディーを担当します。 

  • ギター

ピアノと同じように、ギターはハーモニーとリズム楽器として同時に機能することができます。プレーヤーはフルコードをコンプして、他のミュージシャンにリズミカルなサポートを提供できます。中空ボディのアーチトップギターは、ジャズプレーヤーに最も好まれるタイプのギターです。

  • トランペット 

トランペットは、最も象徴的なジャズ楽器の1つであり、最も騒々しい音を出します。 1920年に伝説のジャズ歌手ルイ・アームストロングによって普及しました。金管楽器の音色は、トランペットをジャズ楽器に素敵な追加にし、曲全体にエネルギッシュなビートを与えます。

カテゴリー Blog

Mesar Jazz Laboジャズ:の未来

ジャズ、1930年代から多くの人々にれてきた人気のあるジャンルです。この時代では、この種の音楽は以前ほど高く評価されていません。

幸いなことに、この21世紀に再び人気を博した若いミュージシャンが世の中にいます。これからの世代のためにジャズの未来を形作り、以下のこれらの偉大なアーティストに会いましょう。

Shabaka Hutchings

Shabaka Hutchingsは、ロンドンで生まれ、バルバドスで育った35歳のミュージシャンです。彼は、サックスとクラリネットを交互に演奏できる、受賞歴のあるマルチリードプレーヤーです。ハッチングスは最初カリプソバンドでギグを始めましたが、今では英国のコンテンポラリージャズシーンのドイエンとして知られています。彼は現在、次の3つの異なるバンドを率いています

  • 。Shabaka&The Ancestorsと呼ばれるオクテット
  • A quartet、Sons Of Kemet
  • The Comet Is Coming、電子音楽とジャズをブレンドした未来的なバンド

カマシワシントン

カマシワシントンは、通常、米国で人気のジャズサックス奏者です。テナーサックスを演奏します。カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれ育った彼は、ジャズへの愛情を世界中に広めることに専念しています。今日のポピュラージャンルと同様に、ワシントンの音楽はジャズとしてのヒップホップの融合を生み出し、人々が聴くための新しくて素晴らしい音楽を提供しました。ジャズへの献身的な努力により、彼はケンドリック・ラマーの先見の明のあるアルバム「トゥ・ピンプ・ア・バタフライ」にも出演しました。

これらは彼のスタジオアルバムです:

  • The Proclamation、(self-released、2007)
  • Light of the World、(self-released、2008)
  • The Epic、(Brainfeeder、2015)
  • Heaven and Earth、(Young Turks、2018)

Christian Scott aTunde Adjuah

ニューオーリンズで生まれたクリスチャンスコットは、アメリカのトランペット奏者であり、ジャズ音楽の作曲家です。このジャンルへの情熱により、彼は2回連続でエディソン賞を受賞しました。それとは別に、彼は2016年にJazzFMイノベーターオブザイヤー賞を受賞し、グラミー賞に数回ノミネートされました。彼の音楽は、ロックアフリカ音楽とジャズ音楽のユニークなブレンドで知られています。

彼のライブパフォーマンス:

  • Anthem(Concord Jazz、2007)
  • Two of a Kind(Nagel Heyer、2008)
  • Live at Newport(Concord Jazz、2008)
  • Yesterday You Said Tomorrow(Concord Jazz、2010)
  • 90 Miles(Concord Jazz、2010)
  • Christian aTunde Adjuah​​(コンコードジャズ、2012)
  • 定規反乱(Ropeadope /ストレッチ、2017)
  • 解放先延ばし(Ropeadope /ストレッチ、2017)
  • 先祖リコール(Ropeadope /ストレッチ、2019)
  • 公理(Ropeadope、2020)

ナヤ・ガルシア・

最速の上がり若者のワン英国のジャズミュージシャンであるガルシアは、マイシャと呼ばれるスピリチュアルジャズグループで演奏する28歳のテナーサクソフォニスト/作曲家です。彼女はまた、今年のJazz FM Awardsを受賞し、この賞を受賞した最年少のミュージシャンの1人になりました。

彼女は次の場所で紹介されました:

  • Ezra Collective(The Philosopher、2017)
  • Blue Lab Beats(Freedom、2017)
  • Makaya McCraven(Universal Beings、2018)
  • Eun(Darkness must be Beautiful、2018)
  • Joe Armon-Jones(Turn To Clear View、2019)
  • テオンクロス(FYAH、2019)
  • ベン・ヘイズ(レディしかし
  • 、2019)DJヨーダ(ホームクッキング、2019)
  • モーゼス・ボイド(ダークマター、2020)
カテゴリー Blog

Mesar Jazz:ジャズ音楽の利点

ジャズ音楽は、暑い夏の日にたり、クラスに歩いたりするときに最初に頭に浮かぶとは限らないため、他のジャンルほど有名ではありません。ヘッドフォンをオンにします。 

ただし、フランクシナトラ、ルイアームストロング、ハリージェイムスなどのジャズ歌手を聴き始めると、きっと気に入るはずです。ジャズがテーブルにもたらすものを完全に理解するには、高レベルの集中​​力と精神的刺激が必要なため、調査を行い、ジャンルに関するその他の詳細を見つける必要があります。 

一部の学生にとっては、リラックスして集中するのに役立つため、この音楽ジャンルを学習仲間として使用します。一方、より速いバージョンの曲を聴くと、脳を刺激し、元気を感じることができます。さらに、スロージャズを聴くと、よく眠ったり瞑想したりするのに役立ちます。

音楽学校として、私たちは生徒たちに私たちが教えているトピックの重要性と利点を知ってもらいたいと思っています。そのため、このジャンルのメリットについて説明します。 

ジャズの利点

ジャズは、特に毎分60〜80ビートの曲で、リラクゼーションのために大多数の人々に聴かれています。 

睡眠に苦労している場合は、ジャズ音楽を聴いてみると、時間の経過とともに睡眠スケジュールが長くなる可能性があります。このジャンルを聞くと脳波が変化し、刺激やリラクゼーションにつながる可能性があります。

ストレス解消にもなります。人々は音楽がホルモンに強い影響を与えることを知っています。そのため、彼らはいつもお気に入りのプレイリストを毎日聴いています。それを見ると、人々はより遅く、より憂鬱なトラックを聞いて悲しくなります。また、ハイテンポの低音をたたくような曲を聴くと、ワクワクする気持ちに大喜びします。

他のジャンルと同じように、ジャズで人々の心を刺激することができます。あなたの脳は、環境から受け取る信号に応じて化学物質を放出します。舞台劇と楽器の音の組み合わせは、言語構文にリンクされている脳の領域を刺激します。もちろん、音楽は一般的な言語ですが、あなたの脳は音楽が伝えようとしていることを理解します。

ジャズはまた、人の創造性を向上させます。ストレスレベルが低く、パターンがより明確になると、脳は想像力を使って抽象的な思考処理を完了することに対してより脆弱になります。研究によると、周囲の騒音は創造性を高めます。あなたが聴く音楽の種類とそれを聴く頻度は、どちらも創造性を高める上で重要な要素です。

健康関連の利点に関しては、ジャズは血圧を下げることができます。研究によると、ジャズのような音楽は血管を最大30%拡張することで血圧を下げることができます。

カテゴリー Blog

ジャズアンサンブルクラス レコーディング実習

3月におこなわれたジャズラボクラスのレコーディング、とうとう作品が完成しました。
ジャズラボアンサンブルクラスの集大成です。

2年生は2回目ということもありとても慣れていました。
1年生は初めてのレコーディングということもあり、ガチガチでした。

ぜひみなさんも試聴してみてください(^^)

M-1 Nica’s Dream.mp3

M-2 Com Rain or Come Shine.mp3

M-3 But Not For Me.mp3

M-4 Summer Time.mp3

M-5 I Mean You.mp3

M-6 Chery!.mp3

追悼:アランホールズワース

あるインタビュアーが<エディヴァンヘイレン>に『世界で一番上手いギタリストと言われる気分は?』と聞いたところ
『世界で一番上手いギタリストはアランホールズワースさ!』と答えたのはあまりにも有名な話。

先日、ギター界のレジェンド、アランホールズワースさんが亡くなりました。
その超絶技巧のテクニックに魅了されたギタリストはとても多いはず。
左手だけでおこなうレガートな奏法、日本人の手では少し無理のあるインターバルなプレイとタッピング、ギタリスト泣かせのストレッチのあるコードヴォイシング、そしてシンセチックなギターサウンド、当時はすべてが斬新でした。
そんなアランホールズワースさんがセミナーで来校したのは1987年。
持ち込み機材に非常に高価なものが多く、当時のメーザースタッフはドキドキだったとのこと。
愛用していた赤黒のアイバーニズ製ギターにハムバッカーをつけたギターを使用し、セミナーをおこないました。

当時の写真。

ご冥福をお祈り致します。

アラン・ホールズワース

カテゴリー Blog

ジャズラボ体験レッスン開催!

毎回ご好評いただいているジャズラボの体験レッスンを開催します!

今回もサックス、ギターなど各楽器のレッスンから前回非常に申し込みの多かったジャズ理論のレッスンなど、さまざまなレッスンを開催します。
ジャズ好きのためのスペシャルレッスンなので、この機会を皆様お見逃しなく!
全レッスン定員制のため、定員になりしだい締め切りとさせていただきます。
もちろん参加無料!
皆様の参加をおまちしております!

カテゴリー Blog

アレン・ハインズセミナー

LAを中心に全米で活躍するスーパーギタリスト、アレン・ハインズのセミナーを開催します!
彼の音楽へのこだわり、考え方などのマインドも含めて、世界基準のギタープレイ、サウンドメイクについてレクチャーします。ぜひご参加ください。

日程:11/10(木) 17:15 開場/17:30 開演
会場:メーザー・ハウス 2F RH Studio

アレン・ハインズ (Allen Hinds)
幼少期からアラバマで本物のブルースやR&Bに囲まれて育ち、10代ではジャズやフュージョンの影響を受ける。バークリー音楽大学に在籍した後に奨学生としてMIに迎え入れられ、MI卒業と同時に講師の仕事をオファーされ、その後は大学でも音楽を教える。ギタリスト養成のためのコンテンツも数多く、ジャンルを越えたアレンの熱心な指導に定評があり、アレン・ハインツの生徒の中には、トシ・ヤナギをはじめ現在では一流アーティストとして活躍中のミュージシャンも数多い。ギタリストとしてはLAを中心に、ランディ・クロフォード、ジノ・ヴァネリ、パティー・オースティン、ロバータ・フラック、クルセイダーズ、ボビー・コールドウェル、ジェイムス・イングラム、ナタリー・コールなど多数の有名アーティスト達のツアーやレコーディングにて活躍し、ラリー・カールトン、パティー・オースティンなどのアーティストや、数々のテレビ番組への楽曲提供もしている。ジャズとR&Bのクロスオーバー系シーンでの活躍が目立つが、近年ではアレンのルーツであるオルタネイティブ・ロックやブルースなどをフィーチャーしたソロでの楽曲がプロミュージシャンや音楽関係者からの高い評価を受けて注目されている。プロギタリストが羨む潜在的な才能を持つアレンは、「ギタリストから愛されるギタリスト」として今後更なる躍進が期待されている。

カテゴリー Blog

ジャズラボ サマー・セミナー2

今年度二回目となるジャズラボのセミナーが開催されました。

前回のセミナーではテーマ曲を1曲に絞り、最後のセッションまでおこないましたが
今回の参加者の方は経験者の方も多く、3曲ほどの楽曲を中心にセッションレッスンまでをおこなうことができました。

朝10:00に集合し、17:00までジャズ漬けの1日。
音楽理論から個別レッスン、アンサンブルなど1日みっちりとジャズを勉強できたのではないかと思います。
参加者の方からはレッスン後も理論に関する質問やアンサンブルに関しての質問等を頂き、意欲の高さが伺えました。
長い一日でしたが参加者の皆様をはじめ、1日みっちりと教えていただいた講師の皆様も本当にお疲れさまでした。

今後もこういったセミナーや体験レッスンなどをおこなっていきますので、ジャズを一回しっかりと学んでみたいと思うか方は今後のイベントにもご期待ください!

カテゴリー Blog