Mesar Jazz Labo:

Mesar Jazz Laboで音楽に関する最新情報や最新情報を学ぶときは、より知識のある人になりましょう。ここでそれを読んで今すぐ調べてください!完全な説明を含む音楽について知っておく必要がある最新のことは

、テーマ、インストルメンテーション、およびオーケストレーションです。だから、音楽に関する最新情報と最新のアップデートに関する情報については、このブログを必ず読んでください。

テーマ

テーマとは、音楽に共通する一般的なアイデアや感情です。それが音楽にテーマを与えるものです。曲にテーマを含めることもできます。曲には、1つのテーマまたは複数のテーマを含めることができます。

テーマは、曲または音楽の一部にすることができます。音楽にはテーマを設定できます。曲にテーマがある場合、それはその曲のテーマです。

インストル

テーションは、音楽で使用される楽器のグループです。これは、音楽で使用される楽器のグループです。

曲の楽器は、曲のテーマにとって重要です。曲の楽器が異なる場合、曲のテーマは異なる可能性があります。

オーケスト

レーションは、曲のアレンジです。それは音楽の楽器の配置です。

TABは、ミュージシャンが音を鳴らしたときに楽器が鳴らす音です。

ANCHORは、メロディーがリスナーの心にとどまるのを助けるために曲の中で何度も再生される音符または音符のグループです。

BREAKは、通常はミュージシャンに休憩をとらせるために、音楽が停止する曲の一部です。

和音は、曲を作るために何度も演奏される音符です。

コンボは、同時に演奏する2つ以上の楽器の組み合わせです。

ドラムはタッピング音を出す楽器です。

DUETは、2人が同時に楽器を演奏することです。

FLATは、その上の音ほど高くない音です。

KEYは、同じように聞こえる音を演奏するために使用される音階上の場所です。

MELODYは物語を語る曲です。

MUTEとは、楽器にマイクを置いて録音することです。

PHRASEは、曲の中で何度も繰り返される音楽のラインです。

ピッチは、音の高さまたは低さです。

カテゴリー Blog

音楽を素晴らしいものにするものは何ですか?

Mesar Jazz Laboで音楽を素晴らしいものにする理由についてすべてを知って、より知識のある人になりましょう。今見つけます。音楽を素晴らしいものにする特質は次のとおりです。

感情的な効果:音楽の感情的な効果が音楽を素晴らしいものにします。心と魂に響く音楽を聴くと、素晴らしいと言えます。

心と魂に響く音楽を聴くと、素晴らしいと言えます。メロディー:曲のメロディーはそれを素晴らしいものにします。メロディーはあなたが覚えているものです。

メロディーはあなたが覚えているものです。楽器:曲の楽器はそれを素晴らしいものにします。素晴らしい楽器なしでは素晴らしい音楽を手に入れることはできません。

計装はあなたが覚えているものです。リズム:曲のリズムが素晴らしい曲です。リズムはあなたが踊るものです。

リズムはあなたが踊るものです。和音:曲の和音はそれを素晴らしいものにします。コードはあなたが一緒に歌うものです。

コードはあなたが一緒に歌うものです。即興:曲の即興はそれを素晴らしいものにします。曲の即興はそれを素晴らしいものにします。

曲の即興はそれを素晴らしいものにします。バラエティ:曲のバラエティが素晴らしい曲です。曲の多様性がそれを素晴らしいものにしているのです。

曲の多様性がそれを素晴らしいものにしているのです。 

リズム、ハーモニー、メロディー、音色、強弱法、形式、楽器、アーティキュレーション、即興、作曲スキル、そして最後に聴衆のアピール。これは、音楽のこれらの重要な要素に関する情報を入手するのに最適な場所です。このサイトは、ワシントン大学のジャズプログラムの一部です。

2009年8月23日金曜日

ジャズ音楽の最も重要な側面は即興です。即興はジャズ音楽の基盤であり、ジャズの伝統の基礎です。即興はジャズの音楽表現の主要な形式です。それはジャズのイディオムの本質的な要素です。それがジャズの本質です。ジャズの中核です。

ジャズミュージシャンが即興で演奏するとき、彼らはジャズのハーモニーのルールに従っています。ジャズのハーモニーは、ジャズの曲に使用されるコードの構造です。ジャズ音楽で使用される7つの和音があります。コード進行はこれらのコードに基づいています。これらのコードは、さまざまなジャズ作曲で使用されています。

即興は、感情を表現するためにジャズ音楽で使用されます。即興はジャズでアイデアを表現するために使用されます。ジャズでは、ムードを表現するために即興演奏が使われます。ジャズでは、さまざまな感情を表現するために即興演奏が使用されます。

即興はジャズ音楽の本質です。

カテゴリー Blog

2022年に聴くトレンド音楽

この2022年の流行の音楽を聴いて、どこにいても大いに楽しんでください。MesarJazzLaboで彼らがここにいる音楽を見つけてください。この2022年の説明付きの最高の音楽は次のとおりです。ILikeItI

Like

Itは、ドイツのデュッセルドルフ出身のドイツのバンドです。バンドは、Sebastian “Tino” Jahn、Alexander “Cambi” Reissig、Florian “Nox” Schulze、Tobias “Möhö” Schmitzで構成されています。

バンドのデビューアルバム、My My Myは、シングル「Let’sDance」と「OohLaLa」で2010年11月にリリースされました。バンドのセカンドアルバム、Here I Amは、2012年5月にリリースされました。

歴史

の形成と初期(2002-2005)

バンドは、バンド「TheHigh」の元ギタリストであるTinoJahnによって2002年に結成されました。 「ザ・ハイ」を離れた後、ティノと幼なじみのアレクサンダー「カンビ」ライシグは一緒に遊び始めました。ティノの弟フロリアン「ノックス」シュルツェはすでに「ザ・ハイ」とバンドのギターソロのファンであり、自分でギターを弾きたいと思っていました。彼らが音楽学校で会った後、彼はバンドに加わった。

2004年、バンドは新しいバンドを始めることを決定しました。

彼らはそれを「MesarJazzLabo」と呼び、名前を「ILikeIt」に変更しました。最初の公演の後、彼らは多くのファンを獲得し、レコードレーベルと契約しました。 2005年にはバンドのファーストシングル「Let’sDance」がリリースされた。ドイツとオーストリアで大ヒットしました。 2007年、バンドは「MyMyMy」というファーストアルバムをリリースしました。

My My My(2007-2010)

My MyMyは2007年3月19日にリリースされました。最初のシングル「Let’sDance」は2006年12月にリリースされました。この曲はドイツとオーストリア、さらには米国でも大ヒットしました。州。バンドは「ロックアムリング」音楽祭の2008年版で演奏しました。

Here I Am(2012-2013)

2012年、バンドはセカンドアルバムHere IAmをリリースしました。最初のシングルは「OohLaLa」でした。この曲は大成功を収め、ドイツとオーストリアでチャートのトップに到達しました。バンドは「バイエルンサマーナイト」音楽祭でも演奏しました。

      TinoJahnとAlexander “Cambi” Reissigはまだ一緒に演奏していましたが、Florian “Nox” Schulzeは現在ベースギターを演奏していました。 Tobias “Möhö” Schmitzがバンドに参加し、ドラマーになりました。

        バンドの最初のライブパフォーマンスの後、彼らはレーベルNachtrauertagsmusikによって署名されました。彼らは2005年にNachtrauertagsmusikレーベルで最初のシングル「ILikeIt」をリリースしました。

        バンドは2010年11月25日にデビューアルバム

(2006-2011)

2006年にバンドはリリースしました彼らのセカンドシングル「OohLaLa」は、ZoolandRecordsというレーベルに収録されています。バンドは2012年5月30日にセカンドアルバムHereIAmをリリースしました。

シングル「SoGood」は2012年7月4日にリリースされました。

カテゴリー Blog

クリスマスに聴けるトップソング

Mesar Jazz Labo:聞くクリスマスのトップソング

Mesar JazzLaboがキュレーションした素晴らしいクリスマスソングでお祝いを盛り上げましょう。最高の休日を過ごすために、ここで最高のクリスマスソングとその意味と説明をすべて読んでください!あなたが知る必要のある意味を持つトップのクリスマスソングは次のとおりです。

「ホワイトクリスマス」-1943年に両方でナンバーワンのヒットとなり、それ以来何千人ものアーティストによって録音されたビング・クロスビーとデビッド・ローズのクラシック。実際、それは非常に頻繁に取り上げられており、現在、ホワイトハウスのクリスマスパーティーで毎年演奏している「ホワイトクリスマス」バンド(「ビングクロスビー」バンドではない)があります。これは、これまでで最もパフォーマンスの高い曲の1つであり、一部の情報源によると、宇宙の創造時にさえ演奏されました。多くの人がこの曲を「シルバーベル」というフレーズと関連付け、この曲を聞くとすぐに白いクリスマスプレゼントやクリスマスキャロルについて考えると言います。いずれにせよ、この曲は、それがそのような大ヒットだった以外の理由がなければ、常に多くの人々のクリスマス休暇に関連付けられます。 「サンタクロースが町にやってくる」-1954年にジョーサウスによって書かれた非常に有名な曲。1956年にアンディウィリアムスに大ヒットし、長年にわたって他の多くのアーティストによって録音されてきました。 「サンタクロースが町にやってくる」は、誰もがその言葉を知っているホリデークラシックの1つです。この曲は非常に多くのアーティストと非常に多くの異なるスタイルによって録音されているため、定義することは不可能な曲の1つになっています。

1.#1ホワイトクリスマス-1939年にノーバートハワードとディーナニューマンによって書かれたこの曲は、ビングクロスビーによって有名になりました

2年に。これは、VH3の音楽業界の専門家によって史上最高の曲のトップ100の1位に選ばれました

。 「ホワイトクリスマス」は、南部の美徳を称賛する歌の風刺として書かれました。 「雪はとても白い」などの代わりに、歌詞は「スキーヤーはとても黒い」と言っています。この曲は一年で最も幸せな時期の代名詞になっています。 #2ジングルベル-「フレールジャック」としても知られるこの陽気な歌は、クレメントアフテルによってに書かれました

4年。この歌はおそらく世界で最も有名なクリスマスキャロルです。メロディーは最初に4回繰り返され、曲全体でさまざまに変更されます。いずれの場合も、元のバージョンの意味を説明する別のクリスマスストーリーのシーンを設定します。たとえば、最初の行は「FrèreJacques、dormez-vous?」です。これは「フレール・ジャック、寝てるの?」「外は寒い」などと訳されます。最後の合唱は「ジングルベル、ジングルベル、ずっとジングル! 1頭のオープンスレイに乗るのはなんて楽しいことでしょう。

カテゴリー Blog

音楽に関する事実

ここMesar Jazz Laboでこの記事について読むと、音楽についてのすべてと、音楽が世界を絶えず変化させてきた方法を学ぶことができます。音楽業界の進化は、から始まり

作曲家、ミュージシャン、ソングライターます。それでは、自分自身やクライアントのために音楽の財産を作ったり壊したりしたこれら3人の重要な人々についてすべてを学ぶことから始めましょう。

音楽作曲家:私たちが覚えている限り、私たちのほとんどはある種の音楽を聴いていました。そのいくつかは、ポップミュージック、ラップミュージック、クラシック音楽、ロックンロール音楽、または他の種類の音楽である可能性があります。しかし、どんな音楽が好きでも、あなたはおそらく、すべての偉大な歌手や楽器奏者が生まれたのであって、作られたのではないということに100%同意するでしょう。

実際、ほとんどの場合、優れた歌手や楽器奏者は「作られた」ものではありません。彼らは「生まれた」のです。彼/彼女がそのようなレベルのスキルと専門知識に非常に迅速に到達することを可能にするのは音楽の天才の天才です。そして、同じことが作曲家にも当てはまります。世界クラスのミュージシャンや作曲家になることは非常に困難です。そのようなレベルの卓越性を達成するには、自然な才能と「天才」を持って生まれなければなりません。これが、多くの人が「オリジナル」の曲と「カバー」の曲を構成するものについて意見を持っている理由です。彼らは、特定の曲が「伝統的」になり、他の誰にも取り上げられてはならないと言うかもしれません。

作曲家、作詞家、音楽出版社、レコード会社、DJ、そして今…もちろん…DJ!

この状況について何かをしている一人の男はマーク・ウォルバーです。昔、コンピューターやMP3プレーヤーが登場する前は、DJは12インチのレコードを再生していました。当時、特定の曲を繰り返し聴きたい場合は、レコードを何度もスピン(再生)して、曲(注:2回まったく同じように聞こえることはありません!)現在、MP3プレーヤー、CD、およびインターネットを使用すると、DJは、レコードを絶えず変更することなく、再生したい曲をスキップできます。もちろん、クライアント(ディスコパーソン)はDJの演奏に注意を払う必要がなくなり、代わりに気を散らすことなく楽しい時間を過ごすことに集中できます。ことです。

これはビジネスにとって悪い

カテゴリー Blog

Mesar Jazz Labo史上最も過小評価されている3人のジャズミュージシャン

アフリカ系アメリカ人コミュニティを起源とするジャズは、彼らの曲で音楽を作り直した。マイルスデイビスからルイアームストロング、カウントベイシーまで、これらの名前はジャズのジャンルを形作り、世紀のアイコンになりました。

しかし、自分たちにふさわしい認識を得られなかったジャズミュージシャンはたくさんいます。これは、彼らがそもそも十分な才能を持っていなかったということではなく、むしろ業界で成功するために必要な運が彼らの味方ではなかったということです。彼らの音楽には大きな可能性がありましたが、悲しいことにそれは曖昧になりました。

ここメサールジャズラボでは、彼らをより明るく輝かせ、彼らに多大な感謝を捧げます!これまでで最も過小評価されているジャズミュージシャンは次のとおりです。

ウディショウ

ウディショウは、音楽業界で最も悲劇的なジャズの人物の1人です。彼の多様性は比類のないままです—彼はとりわけジャズトランペット奏者、コルネット奏者、作曲家そしてバンドリーダーでした。ショーは幼い頃、サックス奏者のエリック・ドルフィーから指導を受け、トランペット演奏の可能性を再定義するのを手伝いました。 

20年間、彼は生産的な音楽録音のキャリアを持っていました。しかし、彼が不治の眼病にかかったとき、それはすぐに終わりました。 1989年2月、彼はニューヨークで地下鉄の車に襲われ、いくつかの合併症を引き起こし、医師は彼の腕を切断しました。 3か月後、彼は44歳で心不全で亡くなりました。 

ジョニー・グリフィン

ジョニー・グリフィンはジャズミュージシャンの間で有名かもしれませんが、彼が脚光を浴びるような名声を得ることはありませんでした。彼はバラードの曲にひねりを加え、彼の伝統に根ざした生のリズムでブルースを鳴らす最速のジャズサックス奏者の一人でした。

グリフィンは28歳のときに、ブルーノートの最初のアルバムを獲得し、リーダーとして2枚のアルバムをリリースしました。彼の技術的な器用さ、創造性、複雑な調和構造により、彼は成功し、注目に値するものになりました。しかし、彼がフランスとオランダに引っ越したとき、彼が米国にいないことで、彼は有名なジャズのアイコンになる機会を奪われました。

アビーリンカーン

アビーリンカーンは、リスナーからすべての人間の感情を引き出すことができる彼女の甘い声で知られていました。彼は彼女の音楽キャリアをキックスタートする象徴的な演出を提供し、彼女自身の音楽も書くように彼女に促しました。リンカーンはジャズボーカリストである以外に、1960年代に公民権活動家でした。

彼女の歌詞はしばしば公民権運動の原因を中心に展開し、彼女のリスナーが何があっても彼らの人生のために戦うことを奨励しました。さらに、同時代のアルバムと比べてリリースしたアルバムは数枚しかありませんでしたが、それでも高い評価を得ていました。実際、彼女は国立芸術基金のジャズマスター賞を受賞しました。 

ジャズ音楽とジャズアーティストの詳細については、Mesar JazzLaboで読み続けてください。

カテゴリー Blog

史上最高のジャズサックス奏者トップ5

サックスはジャズの最も重要な楽器の1つです。同様に、サックスはジャズと深く関わっています。サックス自体の音は、ジャズが生まれた20世紀の歴史的、文化的マーカーです。

今日、ジャズとサックスの愛好家は同様に、このジャンルのクラシックでパイオニアのミュージシャンに敬意を表し続けています。そのため、ような一流のジャズ音楽学校に入学した場合 メサールジャズラボのでも、過去の音楽は、メンターや学生がこのジャンルを練習して習得するために使用する音楽です。

史上最高のジャズサックス奏者トップ5をチェックしてください。あなたがジャズ音楽、特にサックスを勉強しているなら、彼らのレコードを聞くことはあなたの利益になるでしょう。 

5.スタン・ゲッツ

スタン・ゲッツは、1950年代にテナーサックス奏者として知られていました。ゲッツはフィラデルフィア出身でしたが、西海岸で有名になりました。彼の音楽は、滑らかで楽な音で叙情的なトーンを持っていることによって特徴づけられます。これは彼に「サウンド」というニックネームを与えました。

ゲッツはジャズ以外にもボサノバ、ボサノバ、フュージョンを演奏したジャズミュージシャンでした。彼の最も人気のあるトラックの1つは、アルバムGetz / Gilbertoのイパネマの娘でした。

4.デクスターゴードン

デクスターゴードンは、6フィート6インチの高さからロングトールデクスターと呼ばれていました。ゴードンは1940年代に彼のキャリアを始めました。ジャズの歴史家によると、彼は最初の重要なビバップテナーサックス奏者でした。彼の強みはバラードであり、彼の豊かで感情的なトーンによって可能になりました。

3.ソニー・ロリンズ

ウォルター・セオドア・ロリンズ生まれのソニー・ロリンズは、ニューヨーク出身です。彼は1930年に生まれ、1950年代にキャリアをスタートさせました。彼の音楽は大きくて力強いサウンドを持っていることでマークされています。彼はメロディックな即興演奏の印象的な才能で人気があります。これは彼にニックネームサキソフォンコロッサスを与えました。彼は今日91歳で、まだニューヨークに住んでいます。

ある種の肺疾患のために彼は2012年以来テナーサックスを演奏できなくなったが、ソニー・ロリンズはジャズの黄金時代の最後の偉大なサックス奏者であると言われている。

2.ジョン・コルトレーン

ジョン・コルトレーンは、テナーサックスに関する本を出版する一方で、ソプラノバージョンのサックスを普及させました。彼はアルバム「至上の愛」でジャズをジャンルとして定義しました。このアルバムは、史上最も象徴的なジャズアルバムの1つとして高く評価されています。

彼のスタイルは批評家によって「音のシート」に例えられています。彼の音楽は常にハードバップからモーダルへ、そしてスピリチュアルジャズからアバンギャルドへと進化していました。

1.チャーリーパーカー

ジャズファンは、伝説的なチャーリーパーカーを単に「鳥」と呼んでいます。彼はアルトサックスを演奏し、ビバップとして知られる戦後のジャズ革命の発明者の一人でした。それは1940年代半ばにニューヨークで出現し、今後何年にもわたってこのジャンルの顔を形作りました。

バードの音楽は、トップジャズスクールの学生など、彼の音楽を研究する若いジャズ愛好家の心を捉えながら生き続けてい メサールジャズラボのます。

カテゴリー Blog

Mesar Jazz Labo:世界最高のジャズシンガーの紹介

ジャズジャンルの最高の曲を聴いて、体が音楽のビートに合わせて動くのを感じてください。これは最初に米国で開発された後、最終的にここ日本でのように世界中で人気が出ました。それは、ミュージシャンのアンサンブルによって演奏されるその強烈なリズムと独特のピッチで知られています。

ここメサールジャズラボでは、ジャズの楽しいジャンルについてすべてを知ることができます。意欲的なミュージシャンとスキルを磨きたい人のために、さまざまなレッスンがあります。この分野への挑戦を刺激するために、これまでで最も人気のあるジャズ歌手をまとめました。

エラ・フィッツジェラルド

歌のファーストレディーとして知られるエラ・フィッツジェラルドは、ジャズ音楽の舵取りで人気のある歌手です。彼女のキャリアは、30代後半にチックウェッブのバンドで歌手になったときに始まりました。それから彼女がジャズのインプレサリオであるノーマン・グランツに会ったとき、彼女は50年代にスターの座に上がりました。彼女のユニークな歌と非の打ちどころのない才能のために、彼女はジャズ歌の芸術のパラゴンとして知られていました。

フランク・シナトラ

ジャズを愛する人なら誰でも、フランク・シナトラの名前を人生で少なくとも一度は聞いたことがあるでしょう。彼は、歌うことにおける彼の卓越したスキルとステージで即興で演奏する驚くべき能力のために、不可解なキング・オブ・ザ・ヒルとして知られています。ジャズに入る前は、40代で10代のアイドルでしたが、ハリー・ジェイムスやトミー・ドーシーなどのビッグバンドと仕事をしたときに大きな休憩を取りました。彼が1953年にキャピトルレコードと契約したとき、彼のキャリアは上昇し続け、彼を史上最も有名なジャズシンガーの一人にしました。

ビリーホリデイ

ビリーホリデイには暗い過去がありましたが、誰も彼女の素晴らしい歌の才能を否定することはできませんでした。彼女はフィラデルフィアで生まれ、その間「レディデイ」と呼ばれていました。彼女の人気はビッグバンドのリードシンガーだったときに始まりましたが、ソロになると状況はさらに良くなりました。彼女は当時の多くの女性ジャズ歌手に影響を与えた独特の音色と音色で知られていました。

ルイ・アームストロング

ルイ・アームストロングは、世界的なヒット曲「この素晴らしき世界」の人気歌手です。彼はニューオーリンズで生まれ、最初はトランペット奏者として音楽のキャリアを始めました。しかし、神から与えられた歌の才能で、彼はこの分野で簡単に名を馳せました。彼は他のジャズミュージシャンとは違った独特の声で知られていました。その結果、彼は主流のアメリカの音楽を征服し、60年代に「ポップスター」と呼ばれました。

Mesar Jazz Laboに移動ジャズ

について詳しく知りたい場合は、Mesar JazzLaboを参照してください。意欲的なミュージシャンにはさまざまな機会がありますので、手遅れになる前に今すぐチャンスをつかんでください。詳細については、当社のWebサイトをご覧ください。

カテゴリー Blog

ジャズの歴史とサウンドの

ジャズ歴史とサウンドのガイド

ルイジアナ州ニューオーリンズのブラックミュージシャンのは、20世紀初頭にジャズスタイルを開発しました。ルイ・アームストロングやジェリー・ロール・モートンのようなミュージシャンは、ブルースとラグタイムを即興で演奏し、それがアメリカ音楽のまったく新しいジャンルにつながりました。

ニューヨーク市が世界のジャズの首都になるまで、ジャズはアメリカ中に急速に広まりました。ジャズ音楽は、ブルースからクラシックまでほぼすべてのジャンルと重複しているため、さまざまなジャズサブジャンルが生まれます。これらのサブジャンルには、スウィング、ビバップ、クールジャズなどがあります。 

ジャズのより詳細な歴史については、以下のタイムラインをご覧ください。

ジャズ音楽

  • の1900年代初頭の

歴史音楽史家は、キングオリバー、ジェリーロールモートン、ルイスアームストロングなどのミュージシャンがブルースやラグタイムからインスピレーションを得た20世紀初頭までジャズ音楽をたどります。ジャズを生んだ。

  • 1920年代から1930年代に

デュークエリントンとフレッチャーヘンダーソンが率いるビッグバンドがナイトクラブのジャズを演奏し始めました。他のジャズの首都にはシカゴとカンザスシティが含まれますが、ジャズをアメリカ文化の一部にしたのはニューヨーク市でした。 

  • 1940年代から1950年代にかけて

、ディジー・ガレスピー、アート・ブレイキー、チャーリー・パーカーなどのニューヨークのミュージシャンが、ビバップと呼ばれるジャズのサブジャンルを開発しました。このスタイルには、多作のソロコードの変更と定期的なシンコペーションが含まれていました。ミュージシャンのオーネット・コールマンは、フリージャズと呼ばれるジャンルを作成したことで知られています。

  • 1960年代の 

ミュージシャンMilesDavisは、クールジャズと呼ばれるサブジャンルを開発しました。これは、より遅いテンポ、より最小限のテクスチャ、モーダル演奏を強調したものです。 Bebopもテンポを遅くし、より調和を加えました。 

一方、ハービー・ハンコックとジョー・ザヴィヌルはジャズとファンク、ロックを融合させ、フュージョンと呼ばれる新しいジャンルを生み出しました。パット・メセニーやビル・フリゼールなどのミュージシャンによって、フォークミュージックがジャズに追加されました。

ジャズ楽器

ほとんどすべての楽器がジャズバンドに参加できますが、これらの7つの楽器は、ジャズアンサンブルに不可欠です。

  • ドラム

通常、ジャズドラマーは、パーカッションまたはCajonを追加した4ピースまたは5ピースのドラムキットを演奏します。 

  • ベース

ほとんどすべてのジャズバンドは、ベースギターまたはコントラバスギターのいずれかを使用しています。

  • キーボード

ジャズコンボの古典的な部分には、ピアノまたはデジタルキーボードのいずれかを含める必要があります。

  • ギター

ギターは、ジャズバンドで最も一般的な弦楽器としてキーボードに次ぐものです。

  • トランペット

このジャンルの初期から、ジャズバンドはトランペット奏者をフィーチャーしています。

  • トロンボーントロン

ボーンは、大きなジャズバンドや現代のアンサンブルの定番となっています。

  • サックス

サックスは、比較的簡単に演奏できるため、ジャズの主要な楽器です。

聴く必要のあるジャズミュージック

以下は、その曲について学びたい場合に聴く必要のあるジャズスタンダードのリストです。

  1. ルイアームストロングの私
  2. すべてのジョーのすべてのことジョーのパス
  3. アローントゥギャザーチェットベイカーの
  4. 秋の葉ジョーのPass
  5. Body and Soul by Johnny Green
  6. Days of Wine and Roses by Herb Ellis
  7. Fly Me to the Moon by Frank Sinatra
  8. Misty by Stan Getz
  9. Solar by Chris Potter
  10. So What by Miles Davis

Mesar JazzLaboでジャズについてもっと知る

私たちは有名な音楽アカデミーですあらゆる年齢層に適したトレーニングコースを通じて、日本のミュージシャンをトレーニングします。私たちのアカデミーに登録すると、ジャズの知識が広がるだけでなく、音楽のスキルと演奏への自信も高まります。私たちのウェブサイトを探索して、私たちのカリキュラムをチェックしてください。詳細については、メールを送信するか、当校にアクセスしてお問い合わせください。

カテゴリー Blog

Mesar Jazz Labo:大人のとしてジャズを学ぶ

ジャズを演奏することを学ぶのは簡単ではないかもしれませんが、仕事と忍耐力をと、それはあなたができる最もやりがいのあることの1つになることができます。楽器の演奏方法を知っていても、ジャズをマスターするのは簡単ではありません。

ジャズは多くの練習と規律を必要とし、時にはそれは本当に難しいかもしれません。しかし、それを学びたいのであれば、どこかから始めなければならず、始めるためのプロセスに従うことができます。

始める方法

あなたはあなたの選んだ楽器が得意でなければなりません。その場でライブナンバーで使用できるように、さまざまなコードやメロディーを覚えておく必要があります。簡単な方法はありません。コードを思い出すには、絶え間ない練習とドリルが必要です。優れたプレーヤーでさえ、ジャズの演奏を学ぶために1日10〜12時間練習する必要があります。

シンプルなジャズコード

を演奏するいくつかの曲を学ぶために、ジャズコードのしっかりしたセットから始めます。 シンプルに保ち、メジャースケールから始めて、テクニックの練習をやり過ぎないようにしてください。 1つの位置と1つのキーから始めます。基本的な演習で、途中で位置とキーを追加できます。

ジャズ音楽を演奏している人は、曲のコードを演奏できるように、いくつかのジャズコードを学ぶことが実用的であると言います。ジャズプレーヤーとして、ソロよりも他の楽器と一緒に演奏することに多くの時間を費やします。また、ソロで演奏しているハーモニーを聞くことができるのも大きな助けになります。

音符

を学ぶ音楽を演奏することについて話すとき、ジャズを演奏することを学びたいのであれば、音階を読むことを学ぶ必要があります。これは、歌の素材を使用して音階の音符を練習することについての詳細です。

また、曲の演奏や即興に時間を費やす必要があり、最初からこれを開始する必要があります。ジャズのように聞こえるソロを実際に演奏できない場合でも、試してみるだけで、後で使用するための知識とスキルを身に付けることができます。

ジャズ音楽を聴くジャズ音楽傾けることは

に耳を非常に重要であるため、さまざまな種類のジャズ曲を聴くために多くの時間を費やす必要があります。

頻繁に聞くことで、どのようにかを聞くことができ、 演奏が変化するすべてのコードと音階を知るようになります。また、知りたいフォームに慣れることができ、より難しい基準を簡単に学ぶことができます。

ジャズ音楽に身を包み、その感触を実感してください。全体としてジャズ演奏の言語に浸りたくなるので、演奏できるさまざまな種類の楽器を聴いてください。

たくさんのジャズ音楽を聴き、さまざまなジャズ曲のプレイリストを作成して、スタイルのコツをつかんでください。メロディーに親しむほど、ジャズの音を理解しやすくなります。

カテゴリー Blog