音楽に関する事実

ここMesar Jazz Laboでこの記事について読むと、音楽についてのすべてと、音楽が世界を絶えず変化させてきた方法を学ぶことができます。音楽業界の進化は、から始まり

作曲家、ミュージシャン、ソングライターます。それでは、自分自身やクライアントのために音楽の財産を作ったり壊したりしたこれら3人の重要な人々についてすべてを学ぶことから始めましょう。

音楽作曲家:私たちが覚えている限り、私たちのほとんどはある種の音楽を聴いていました。そのいくつかは、ポップミュージック、ラップミュージック、クラシック音楽、ロックンロール音楽、または他の種類の音楽である可能性があります。しかし、どんな音楽が好きでも、あなたはおそらく、すべての偉大な歌手や楽器奏者が生まれたのであって、作られたのではないということに100%同意するでしょう。

実際、ほとんどの場合、優れた歌手や楽器奏者は「作られた」ものではありません。彼らは「生まれた」のです。彼/彼女がそのようなレベルのスキルと専門知識に非常に迅速に到達することを可能にするのは音楽の天才の天才です。そして、同じことが作曲家にも当てはまります。世界クラスのミュージシャンや作曲家になることは非常に困難です。そのようなレベルの卓越性を達成するには、自然な才能と「天才」を持って生まれなければなりません。これが、多くの人が「オリジナル」の曲と「カバー」の曲を構成するものについて意見を持っている理由です。彼らは、特定の曲が「伝統的」になり、他の誰にも取り上げられてはならないと言うかもしれません。

作曲家、作詞家、音楽出版社、レコード会社、DJ、そして今…もちろん…DJ!

この状況について何かをしている一人の男はマーク・ウォルバーです。昔、コンピューターやMP3プレーヤーが登場する前は、DJは12インチのレコードを再生していました。当時、特定の曲を繰り返し聴きたい場合は、レコードを何度もスピン(再生)して、曲(注:2回まったく同じように聞こえることはありません!)現在、MP3プレーヤー、CD、およびインターネットを使用すると、DJは、レコードを絶えず変更することなく、再生したい曲をスキップできます。もちろん、クライアント(ディスコパーソン)はDJの演奏に注意を払う必要がなくなり、代わりに気を散らすことなく楽しい時間を過ごすことに集中できます。ことです。

これはビジネスにとって悪い

カテゴリー Blog

Mesar Jazz Labo史上最も過小評価されている3人のジャズミュージシャン

アフリカ系アメリカ人コミュニティを起源とするジャズは、彼らの曲で音楽を作り直した。マイルスデイビスからルイアームストロング、カウントベイシーまで、これらの名前はジャズのジャンルを形作り、世紀のアイコンになりました。

しかし、自分たちにふさわしい認識を得られなかったジャズミュージシャンはたくさんいます。これは、彼らがそもそも十分な才能を持っていなかったということではなく、むしろ業界で成功するために必要な運が彼らの味方ではなかったということです。彼らの音楽には大きな可能性がありましたが、悲しいことにそれは曖昧になりました。

ここメサールジャズラボでは、彼らをより明るく輝かせ、彼らに多大な感謝を捧げます!これまでで最も過小評価されているジャズミュージシャンは次のとおりです。

ウディショウ

ウディショウは、音楽業界で最も悲劇的なジャズの人物の1人です。彼の多様性は比類のないままです—彼はとりわけジャズトランペット奏者、コルネット奏者、作曲家そしてバンドリーダーでした。ショーは幼い頃、サックス奏者のエリック・ドルフィーから指導を受け、トランペット演奏の可能性を再定義するのを手伝いました。 

20年間、彼は生産的な音楽録音のキャリアを持っていました。しかし、彼が不治の眼病にかかったとき、それはすぐに終わりました。 1989年2月、彼はニューヨークで地下鉄の車に襲われ、いくつかの合併症を引き起こし、医師は彼の腕を切断しました。 3か月後、彼は44歳で心不全で亡くなりました。 

ジョニー・グリフィン

ジョニー・グリフィンはジャズミュージシャンの間で有名かもしれませんが、彼が脚光を浴びるような名声を得ることはありませんでした。彼はバラードの曲にひねりを加え、彼の伝統に根ざした生のリズムでブルースを鳴らす最速のジャズサックス奏者の一人でした。

グリフィンは28歳のときに、ブルーノートの最初のアルバムを獲得し、リーダーとして2枚のアルバムをリリースしました。彼の技術的な器用さ、創造性、複雑な調和構造により、彼は成功し、注目に値するものになりました。しかし、彼がフランスとオランダに引っ越したとき、彼が米国にいないことで、彼は有名なジャズのアイコンになる機会を奪われました。

アビーリンカーン

アビーリンカーンは、リスナーからすべての人間の感情を引き出すことができる彼女の甘い声で知られていました。彼は彼女の音楽キャリアをキックスタートする象徴的な演出を提供し、彼女自身の音楽も書くように彼女に促しました。リンカーンはジャズボーカリストである以外に、1960年代に公民権活動家でした。

彼女の歌詞はしばしば公民権運動の原因を中心に展開し、彼女のリスナーが何があっても彼らの人生のために戦うことを奨励しました。さらに、同時代のアルバムと比べてリリースしたアルバムは数枚しかありませんでしたが、それでも高い評価を得ていました。実際、彼女は国立芸術基金のジャズマスター賞を受賞しました。 

ジャズ音楽とジャズアーティストの詳細については、Mesar JazzLaboで読み続けてください。

カテゴリー Blog

史上最高のジャズサックス奏者トップ5

サックスはジャズの最も重要な楽器の1つです。同様に、サックスはジャズと深く関わっています。サックス自体の音は、ジャズが生まれた20世紀の歴史的、文化的マーカーです。

今日、ジャズとサックスの愛好家は同様に、このジャンルのクラシックでパイオニアのミュージシャンに敬意を表し続けています。そのため、ような一流のジャズ音楽学校に入学した場合 メサールジャズラボのでも、過去の音楽は、メンターや学生がこのジャンルを練習して習得するために使用する音楽です。

史上最高のジャズサックス奏者トップ5をチェックしてください。あなたがジャズ音楽、特にサックスを勉強しているなら、彼らのレコードを聞くことはあなたの利益になるでしょう。 

5.スタン・ゲッツ

スタン・ゲッツは、1950年代にテナーサックス奏者として知られていました。ゲッツはフィラデルフィア出身でしたが、西海岸で有名になりました。彼の音楽は、滑らかで楽な音で叙情的なトーンを持っていることによって特徴づけられます。これは彼に「サウンド」というニックネームを与えました。

ゲッツはジャズ以外にもボサノバ、ボサノバ、フュージョンを演奏したジャズミュージシャンでした。彼の最も人気のあるトラックの1つは、アルバムGetz / Gilbertoのイパネマの娘でした。

4.デクスターゴードン

デクスターゴードンは、6フィート6インチの高さからロングトールデクスターと呼ばれていました。ゴードンは1940年代に彼のキャリアを始めました。ジャズの歴史家によると、彼は最初の重要なビバップテナーサックス奏者でした。彼の強みはバラードであり、彼の豊かで感情的なトーンによって可能になりました。

3.ソニー・ロリンズ

ウォルター・セオドア・ロリンズ生まれのソニー・ロリンズは、ニューヨーク出身です。彼は1930年に生まれ、1950年代にキャリアをスタートさせました。彼の音楽は大きくて力強いサウンドを持っていることでマークされています。彼はメロディックな即興演奏の印象的な才能で人気があります。これは彼にニックネームサキソフォンコロッサスを与えました。彼は今日91歳で、まだニューヨークに住んでいます。

ある種の肺疾患のために彼は2012年以来テナーサックスを演奏できなくなったが、ソニー・ロリンズはジャズの黄金時代の最後の偉大なサックス奏者であると言われている。

2.ジョン・コルトレーン

ジョン・コルトレーンは、テナーサックスに関する本を出版する一方で、ソプラノバージョンのサックスを普及させました。彼はアルバム「至上の愛」でジャズをジャンルとして定義しました。このアルバムは、史上最も象徴的なジャズアルバムの1つとして高く評価されています。

彼のスタイルは批評家によって「音のシート」に例えられています。彼の音楽は常にハードバップからモーダルへ、そしてスピリチュアルジャズからアバンギャルドへと進化していました。

1.チャーリーパーカー

ジャズファンは、伝説的なチャーリーパーカーを単に「鳥」と呼んでいます。彼はアルトサックスを演奏し、ビバップとして知られる戦後のジャズ革命の発明者の一人でした。それは1940年代半ばにニューヨークで出現し、今後何年にもわたってこのジャンルの顔を形作りました。

バードの音楽は、トップジャズスクールの学生など、彼の音楽を研究する若いジャズ愛好家の心を捉えながら生き続けてい メサールジャズラボのます。

カテゴリー Blog