募集学科・コース

JAZZを追求するために各自のスタイルに合わせた4つのコース

ジャズ 1年制コース

4月生・10月生募集

ジャズ 1年制コース

1年間でジャズをしっかり身につける
週2回の実技レッスンと音楽理論を基本に、短期間のスキルアップを目指します。クラスは昼/夜の時間帯から自由に選択できます。

ピアノ科 ギター科 ベース科 ドラム科 パーカッション科 サックス科 トランペット科 トロンボーン科

必修科目

専攻実技をマンツーマンで受講するので、各自のレベルからスタートすることができます。 さらに音楽理論とアンサンブルを受講することでジャズプレイヤーとして必要なテクニックと 音楽性を短期間で身につけることができます。

ジャズ 1年制コース
専攻実技 1科目必修

ピアノ・ゼミ
各自のレベルにあわせ、ジャズ系の楽曲を題材にコードの知識やヴォイシング、リズム、アドリブなどを系統立てて学びます。

ギター・ゼミ
個人レッスンを基本とし ビバップを中心にジャズスタイルの奏法やコードワーク、スケール、リズム、アドリブなどを学びます。

ベース・ゼミ
エレクトリック/ウッド・ベースのどちらかを選択
マンツーマンのレッスンでジャズの奏法を基礎から学び、リズム、ベースラインの創作、アドリブのアプローチまでを学びます。

ドラム・ゼミ
個人レッスンで、スティックコントロールやアクセント移動などの基礎とジャズ系の楽曲へのアプローチを学びます。

パーカッション・ゼミ
マンツーマンのレッスンでをコンガを中心に様々な種類パーカッション類の奏法を学び、ジャズに対するアプローチを身につけます。

サックス・ゼミ/トランペット・ゼミ/トロンボーン・ゼミ
いずれか選択
アンブシュアやアーティキュレーション、ブレスコントロールなどの基礎的な奏法と、ジャズにおけるコード、スケール、アドリヴなど応用を、理論的な解説をまじえ、個人レッスンで学びます。


音楽理論(セオリー)

1年次では調性の理解、ケーデンス、テンションノート、コードアナライズ、ヴォイシング、コードスケールなどを学びます。3カ月ごとにおこなわれる定期テストで理解度を確認します(譜面の読み方から始まるクラスからスタートすることもできます)
主なカリキュラム:●コード ●さまざまな音階 ●テンション ●ハーモナイスⅠ・Ⅱ ●声部配置Ⅰ・Ⅱ
●コードスケールⅠ・Ⅱ ●定型的コード進行Ⅰ・Ⅱ ●転調 ●コード分析Ⅰ・Ⅱ

ジャズアンサンブル
バンド形式のレッスンで、アンサンブルでの演奏技術やノウハウを学びます。またジャズ特有の演奏ルールや理論など必要な知識をバンド演奏を通じて具体的に学ぶことにより、ジャズの醍醐味でもあるインプロヴィゼイションの強化もはかります。

フリーセッション
各科の生徒や講師が集い自由参加形式でのセッションをおこないます。レベルに関係なくどんな方でも参加でき、日頃のレッスンで学んだ技術を実践へとシフトさせることが可能です。

定期実習

ステージ実習
ライヴでのステージングを学び、体験します。JAZZ LABO独自のライヴイベントで、実践力を身につけます。

レコーディング実習
レコーディングを通じて各自の演奏技術確認、向上させるとともに、レッスンでの成果を記録に残します。

オプショナルレッスン ※オプショナルレッスンの受講には別途費用がかかります

●ヴォーカル ●ヴォイストレーニング ●専攻外実技ゼミ ●DTM作曲 ●音楽ビジネス系ゼミ

※当コースの期間は1年間ですが、希望により修了期間を延長することができます。2年次に進む際は入学金はかかりません。

アドバンスト・クラス(2年次・3年次)
コース修了後、目的にあわせて自由にアドバンスト・クラスを受講することが可能。
●実技ゼミ  ●上級音楽理論(セオリー) ●作曲(ソングライティング) ●バンドアレンジング
●オーケストレーション ●ジャズアンサンブル

資格取得講座
音楽業界で必要な様々な資格取得を目指す下記の講座を受講できます。試験合格者にはそれぞれの認定証が交付されます。
●サウンドレコーディング技術認定講座 ●MIDI検定講座 ●ビジネス著作権ゼミ ●Pro Toolsゼミ

ステップアップ制度
ジャズ専攻コースに入学された方が当コース以外のコースに進む際は、入学金から¥100,000が免除されます。

在校生の声

在校生

ピアノ科 宮崎 千尋

音楽理論では毎週新しいことをしっかりと学ぶことができ、それがジャズの演奏にいかに必要かを実感しています。セッションワークショップでは各生徒が持ち寄った曲を演奏するので、たくたんの曲を知ることができます。音楽理論を生かしながら、実演の中でリズムやグルーヴ感を磨くことができ、少しづつ成長してくことが楽しいです。

ページの一番上へ