JAZZ LABO BLOG

メーザーJAZZ LABO 在校生インタビュー-その2-ダブルスクール編

音楽学校メーザー・ハウスの中でも特に『JAZZ』を学びたい方のためのコースを用意した【MESAR JAZZ LABO】

ピアノ/ギター/ベース/ドラム/管楽器...
様々な楽器の生徒が通う当コースでは、楽器のレッスン以外に「音楽理論」や「アンサンブル(セッション)」のレッスンも並行して受講することができる。
またそれぞれの目指すフィールドやライフスタイルに合わせて「2年制コース」「1年制コース」をそれぞれ選ぶことができるため、現在は高校卒業して間もない世代から社会人の方まで幅広い層がこのコースでジャズを学んでいる。


前回の記事から引き続き、全3回にわたり実際にジャズコースに通う生徒へインタビューを行い普段の学校生活や受講中レッスン、インストラクターについてその様子を教えてもらった。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


mjlsb001.jpg













ジャズ2年制コースサックス科
曽部風子 さん


----現在、大学とのダブルスクールでメーザーに通われてるとのことですが普段のスケジュールを教えていただけますか?

一週間のうち大学とバイトは3日、メーザーのレッスンが2日と、日にちを分けてます。
大学もそうですが、メーザーも毎回課題がしっかり出るので練習時間もしっかり確保しながら
レッスンに臨めるようスケジュールを組みました。

それから音楽理論の、自分一人で理解に時間がかかってしまう部分などは先輩から教わりながら復習するので効率良く学べていると思います。

mjlsb002.jpg
----実際にメーザーでジャズを習って大変に感じていることはありますか?

私は中学生の頃吹奏楽をやっていたり、今もメーザー外のビッグバンドに所属していたりして
いろいろな場面でサックスを吹く場面がありますが、ソロが書き譜(=あらかじめ譜面に書かれた)で、アドリブをとる機会がありませんでした。

比べて今受けている「ジャズアンサンブル」のレッスンでは、セッションの中で毎回必ずアドリブでソロを演奏することになります。慣れないことでまだまだ苦戦中ですが絶対にカッコ良い演奏ができるようになりたいと思っています!

mjlsb003.jpg













----ありがとうございます。最後に今後の目標についてお聞かせください

将来的に、ジャズはもちろん様々な分野で演奏できるプレイヤーになりたいです。
バックバンドとしてもフロントマンとしても活躍できるミュージシャンが目標です。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

メーザーJAZZ LABOでは皆さんの「ジャズをやりたい・習いたい」というご希望に添えるよう
コースやレッスンカリキュラムの説明、相談会を行っています。
入学をご検討されている場合やご質問などございましたら、学校説明会へのご参加、また直接お問い合わせください。

学校説明会→http://www.mesar.co.jp/event_briefing/
メールお問合わせ→http://www.mesar.co.jp/contact/

2017年11月13日 16:59

メーザーJAZZ LABO 在校生インタビュー-その1-高校卒業編

音楽学校メーザー・ハウスの中でも特に『JAZZ』を学びたい方のためのコースを用意した【MESAR JAZZ LABO】

ピアノ/ギター/ベース/ドラム/管楽器...

様々な楽器の生徒が通う当コースでは、楽器のレッスン以外に「音楽理論」や「アンサンブル(セッション)」のレッスンも並行して受講することができる。
またそれぞれの目指すフィールドやライフスタイルに合わせて「2年制コース」「1年制コース」をそれぞれ選ぶことができるため、現在は高校卒業して間もない世代から社会人の方まで幅広い層がこのコースでジャズを学んでいる。


全3回の記事に渡り実際にジャズコースに通う生徒へインタビューを行い普段の学校生活や受講中のレッスン、インストラクターについてその様子を教えてもらった。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

mjl_tkg01.jpg
ジャズ2年制コースドラム科
高木伊織(18)


----ドラムを始めたキッカケ、メーザーに入るまでのいきさつを教えてください

最初にドラムを叩いたのは、中学生の時の吹奏楽部でした。
ドラム/パーカッションのパートとして様々な楽曲を演奏する機会があったんですが、色々と経験していく中で特にジャズに興味を持つようになりました。

また自分からジャズの楽曲を聴くようになり、Budy RichやArt Blakeyなど自分が今でも好きなジャズドラマーと出会えた事がより「もっとジャズをやってみたい」と思うきっかけになりました。
高校生になってからは学校以外でジャズドラムを教えてもらっていて、卒業手前の時期にはこの道に進もうと決めていました。

そこからメーザーに入る1番のきっかけとなったのは「サマー・セミナー」を受けたことです。
そこでは実際にメーザーで教えているインストラクターに直接レッスンを受けたり、また一緒にセッションする機会がありました。
Saxの沢井原兒先生の音の凄みに、演奏中思わず気を取られてしまったのを覚えています(笑)

mjl_tkg02.jpg


----入学後の学校生活や、普段レッスンを受けて感じることを教えてください

平日は朝→バイト、夕方→レッスン、それ以外の時間を練習に割り当てています。
レッスンを受けていると本当にたくさんの発見があるのでその分多くの練習時間が必要になります。

例えば自分が受けている本田珠也先生、大槻"KALTA"英宣先生のドラムレッスンでは、一つ一つのプレイに対して自分が今まで考えてもみなかった捉え方だったり、テクニックの歴史的な変遷だったりを示してくれます。
それを知ることでいかに自分のプレイがまだまだ十分じゃないかということに気づき、また今まで以上に自分で考えて、集中してプレイするようになるんです。

それからアンサンブル(セッション)のレッスン。
実はセッション形式での演奏はメーザーに通い始めてから初めて経験したんですが、一緒に参加している他パートには自分よりジャズの経験が豊富な人たちもいて。。。もちろん大変ではあるんですがその分刺激があって、より「上手くなりたい!」というモチベーションにもつながっています。


----ありがとうございます。最後に今後の目標があればお願いします!

この先もずっと「JAZZ」のフィールドでドラムを演奏し続けていきたいです。
そしていつか海外の大きなレーベルからCDを出せるようなプレイヤーになれるよう頑張っていきます!

mjl_tkg03.jpg

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

メーザーJAZZ LABOでは皆さまの「ジャズをやりたい・習いたい」というご希望に添えるよう
コースやレッスンカリキュラムの説明、相談会を行っています。
入学をご検討されている場合やご質問などございましたら、学校説明会へのご参加、また直接お問い合わせください。

学校説明会→http://www.mesar.co.jp/event_briefing/
メールお問合わせ→http://www.mesar.co.jp/contact/

2017年10月25日 13:09

メーザーJAZZ LABOサマーセミナー2017

先日、9/23-24の2日間にかけて開催された「メーザーハウスJAZZ LABOサマーセミナー」
夏の恒例イベントであるこの通称「JAZZサマセミ」
今年もより一層充実の内容をご用意してお届けしました!

mesar_jazzsumsemi_omote.png

jzss17_01.JPG

特に注目のインストラクター陣は

Piano - ハタヤテツヤ
Guitar - 養父貴
Bass - 二家本亮介
Drums - 柴田亮
Sax/Hornsection - 沢井原兒


数多くの音楽シーンで活躍中の"普通じゃありえない"顔ぶれに直接教われるのもメーザーならでは。

jzss17_05

楽器ごとのレッスンももちろん
コードの機能やスケールを中心に学ぶ「音楽理論講座」

jzss17_02

そして自在にフレーズを構築/演奏するための「アドリブ概論」
ただ理論を学ぶだけでなく、実際に演奏に絡めながら習得できる内容で参加者の皆さんの演奏の幅も広がったのではないでしょうか?


2日目の後半はセッションタイム。
全参加者、そして全インストラクターが参加するセミナーのラストイベント。

jzss17_03


今回参加者の皆さんは初心者から経験者まで人それぞれでしたが、全員に見所のある素晴らしいセッションとなりました!

jzss17_04


_MG_2736.jpg


==========================================

メーザー・ハウスではJazzを学びたい方のためのコースも多数ご用意しています。

2年間・1年間・そして単科から履修できる社会人コース。
皆様の生活スタイルに合わせてレッスンを受けることができます。


詳しくはHPまたは個別相談会にて
http://mesar-jazz.com/index.php

2017年9月27日 10:29

『SECOND CONTRY/TAMAYA HONDA TRIO』CD/LPリリース!

メーザーでドラム科講師も努める、本田珠也先生のリーダーアルバム『SECOND CONTRY/TAMAYA HONDA TRIO』が発売されました。現在は各ライブ会場にてCDが先行販売されています。8/9(水)に正式なリリース予定!更にLP盤も同時発売されます!
本田珠也先生の長いジャズドラマーとしてのキャリアの中で、実は意外ににも純粋にジャズを主体としたリーダーアルバムのリリースはこれが初めてとのこと。このあたりの話や、今回の作品に対する想いが、以下のご本人からのコメントの中でも触れていますのでじっくりと読んでみて下さい。
7/5の池袋Barrel Houseでのライブを皮切りに『TAMAYA HONDA TRIO』の九州〜四国ツアーがスタートとしています。音源はもちろんライヴでのパフォーマンスにも期待せずにはいられない。今年は更にこれ以外にも音源リリースがまだまだ続きそうというはなしも...。

《キリンガLP、象がCDのジャケット》
19598897_1361945723899150_5443265101723592144_n.jpg

19260716_1361945767232479_2188711396977154290_n.jpg


以下、本田珠也先生からの『SECOND CONTRY/TAMAYA HONDA TRIO』へのコメント。

『自身としては初の念願の純粋なジャズアルバムが完成しました。初と言 うのは以前発表した2枚のアルバムがロック色が強く、ジャズ的な要素 を保ちつつも自分が思い描くエレクトリック時代のマイルスや70年代 から90年代のロックや2000年頃流行ったジャムバンド的な発想を 追い求めていた。それが好きだったのだから仕方のないことだし、それ らの音楽は今でも僕の肥やしであり葉緑素における光合成のようなもの で必要不可欠な音楽たちです。しかし何かそこに逃げ道を作ってしまっ たのではないか?と気付きました。自身がジャズという音楽に決定的な 自信を見出せなかったから、たぶんもし誰からか声を掛けてもらっても ジャズのアルバムは作らなかったのでは、と思います。当然、他人での ジャズアルバムには参加していますけど。
この3~4年で音楽シーンや個人的な事も含め変化してきました。それ もスピードが速くなってきています。色々なジャズクラブのスケジュー ルを見ると次世代またそのまた次の世代と目に見えて世代交代が進んで います。そんな状況によって自分の音楽感がシフトチェンジしたのかも 知れません。自分流に料理できるサックストリオを改めて結成したいと 思い立ちました。「改めて」というのはライナーに書き記してあります ので、しっかりとご購入頂きご覧になっていただく事が賢明でしょう。 「いや、それじゃあ興味が湧かない!」と意地悪なジャズ親父がいるか も知れませんので、ちょっとネタバラシすると、むかしむかし、23年 前に僕が初めて結成したバンドがサックストリオだったのです。メンバ ーは臼庭潤と米木康志のトリオでした。この2人の間に本田竹広がいて 峰厚介がいるのですが、それらの要素が深く深く相俟って現在の活動に も影響している。つまりこのアルバムには、僕の中の深い人間関係がレ コードの溝に刻まれた重要なジャズ回帰アルバムと言えるのです。それ ら諸先輩たちからは嘗てイヤってほど僕のジャズ魂に切り刻み込まれま したから。
そしてやはりこのアルバムの大切なメンバーである守谷美由貴と須川崇 志との出会いと3人の結実なしには語れません。自由人であるが故の僕 の頭にある曼荼羅図を見事に具現化できる<というのは互いが理解し合
えるという事が不可欠なのですが>そんな僕の面倒な要素をスルリとか わしてしまうユニークさもあるし、ちょうどいい距離感で互いが考え、 それらを実行してくれる。本当に稀なメンバーだと思います。天邪鬼な 僕の音楽的行動にもイヤな顔一つせず、絶対的に対応してくれます。た まに裏切られますが(笑)
タイトルは「セカンド・カントリー」にしました。この曲は僕の父であ る本田竹広が1970年にトリオレコードから発表した「浄土」の中に 入っている曲です。大好きなアルバムです。ジャケットで父が故郷であ る宮古市の浄土ヶ浜で素っ裸になっているやつです。「ジャケットで裸 になったのは俺が初めてだぞ!」なんて僕に豪語していましたが、かな りインパクトにあるジャケです。僕は他のファンと負けないぐらい親父 の偏執狂というかオタク的な面を持っていまして、実の父親なのに親父 愛がハンパじゃないっす。恥ずかしくないっす。話を戻すと「セカン ド・カントリー」というのは親父の故郷・宮古。そして守谷の故郷・香 川の原風景をシンクロさせオマージュした我が心にある日本のジャズ、 和ジャズをハッキリと意識した私的な絵葉書みたいなアルバムです。一 枚一枚違って聴こえるほど念を入れて録音していますので、是非とも腰 を据えて聴いて頂きたいですね。
前置きが非常ぉ~に長くなりましたが、この僕の自信作をひっさげてツ アーに出発致します。初めてのお店もありますが、楽しい時間を共に共 有できることを願ってやみません。お騒がせ致しますがどうぞよろしく お願い致します!』

TAMAYA HONDA TRIO SUMMER TOUR.jpeg

本田珠也 ライブ情報 ↓
http://tamayahonda.blogspot.jp/

2017年7月 7日 10:58

ジャズアンサンブルクラス レコーディング実習

3月におこなわれたジャズラボクラスのレコーディング、とうとう作品が完成しました。
ジャズラボアンサンブルクラスの集大成です。

2年生は2回目ということもありとても慣れていました。
1年生は初めてのレコーディングということもあり、ガチガチでした。

ぜひみなさんも試聴してみてください(^^)

g,d.jpg

g,dr.jpg

g.jpg

sax.jpg

M-1 Nica's Dream.mp3

M-2 Com Rain or Come Shine.mp3

M-3 But Not For Me.mp3

M-4 Summer Time.mp3

M-5 I Mean You.mp3

M-6 Chery!.mp3

2017年4月24日 19:18

追悼:アランホールズワース

IMG_0015[1].JPG

あるインタビュアーが<エディヴァンヘイレン>に『世界で一番上手いギタリストと言われる気分は?』と聞いたところ
『世界で一番上手いギタリストはアランホールズワースさ!』と答えたのはあまりにも有名な話。

先日、ギター界のレジェンド、アランホールズワースさんが亡くなりました。
その超絶技巧のテクニックに魅了されたギタリストはとても多いはず。
左手だけでおこなうレガートな奏法、日本人の手では少し無理のあるインターバルなプレイとタッピング、ギタリスト泣かせのストレッチのあるコードヴォイシング、そしてシンセチックなギターサウンド、当時はすべてが斬新でした。
そんなアランホールズワースさんがセミナーで来校したのは1987年。
持ち込み機材に非常に高価なものが多く、当時のメーザースタッフはドキドキだったとのこと。
愛用していた赤黒のアイバーニズ製ギターにハムバッカーをつけたギターを使用し、セミナーをおこないました。

当時の写真。

ご冥福をお祈り致します。

アラン・ホールズワース

2017年4月21日 18:04

ジャズラボ体験レッスン開催!

topPanelEventSeminar.jpg

毎回ご好評いただいているジャズラボの体験レッスンを開催します!

今回もサックス、ギターなど各楽器のレッスンから前回非常に申し込みの多かったジャズ理論のレッスンなど、さまざまなレッスンを開催します。
ジャズ好きのためのスペシャルレッスンなので、この機会を皆様お見逃しなく!
全レッスン定員制のため、定員になりしだい締め切りとさせていただきます。
もちろん参加無料!
皆様の参加をおまちしております!

http://mesar-jazz.com/event/event_trialseminar.html

2016年12月 9日 15:05

アレン・ハインズセミナー


allen-main-visual.jpg

LAを中心に全米で活躍するスーパーギタリスト、アレン・ハインズのセミナーを開催します!
彼の音楽へのこだわり、考え方などのマインドも含めて、世界基準のギタープレイ、サウンドメイクについてレクチャーします。ぜひご参加ください。

日程:11/10(木) 17:15 開場/17:30 開演
会場:メーザー・ハウス 2F RH Studio

http://www.mesar.co.jp/seminar/allen2016.html

アレン・ハインズ (Allen Hinds)
幼少期からアラバマで本物のブルースやR&Bに囲まれて育ち、10代ではジャズやフュージョンの影響を受ける。バークリー音楽大学に在籍した後に奨学生としてMIに迎え入れられ、MI卒業と同時に講師の仕事をオファーされ、その後は大学でも音楽を教える。ギタリスト養成のためのコンテンツも数多く、ジャンルを越えたアレンの熱心な指導に定評があり、アレン・ハインツの生徒の中には、トシ・ヤナギをはじめ現在では一流アーティストとして活躍中のミュージシャンも数多い。ギタリストとしてはLAを中心に、ランディ・クロフォード、ジノ・ヴァネリ、パティー・オースティン、ロバータ・フラック、クルセイダーズ、ボビー・コールドウェル、ジェイムス・イングラム、ナタリー・コールなど多数の有名アーティスト達のツアーやレコーディングにて活躍し、ラリー・カールトン、パティー・オースティンなどのアーティストや、数々のテレビ番組への楽曲提供もしている。ジャズとR&Bのクロスオーバー系シーンでの活躍が目立つが、近年ではアレンのルーツであるオルタネイティブ・ロックやブルースなどをフィーチャーしたソロでの楽曲がプロミュージシャンや音楽関係者からの高い評価を受けて注目されている。プロギタリストが羨む潜在的な才能を持つアレンは、「ギタリストから愛されるギタリスト」として今後更なる躍進が期待されている。

2016年11月 4日 18:14

ジャズラボ サマー・セミナー2


今年度二回目となるジャズラボのセミナーが開催されました。

前回のセミナーではテーマ曲を1曲に絞り、最後のセッションまでおこないましたが
今回の参加者の方は経験者の方も多く、3曲ほどの楽曲を中心にセッションレッスンまでをおこなうことができました。

DSC_1291.jpg

DSC_1298.jpg

DSC_1315.jpg

朝10:00に集合し、17:00までジャズ漬けの1日。
音楽理論から個別レッスン、アンサンブルなど1日みっちりとジャズを勉強できたのではないかと思います。
参加者の方からはレッスン後も理論に関する質問やアンサンブルに関しての質問等を頂き、意欲の高さが伺えました。
長い一日でしたが参加者の皆様をはじめ、1日みっちりと教えていただいた講師の皆様も本当にお疲れさまでした。

今後もこういったセミナーや体験レッスンなどをおこなっていきますので、ジャズを一回しっかりと学んでみたいと思うか方は今後のイベントにもご期待ください!

2016年9月13日 15:37

ジャズラボセミナー


先日今年度初となるジャズラボのサマーセミナーが開催されました。
今回も幅広い年齢層の方々が参加し、音楽理論、個人レッスン、セッションンとジャズに必要な要素を、1日に凝縮して学んでいただきました。

1日でこれだけの時間、音楽漬けになったことはなかったことと思います。
参加者の皆様本当にお疲れさまでした!

↓今回は皆さん初心者の方々が多かったのですが、最後のセッションではアドリブも披露!
1日で本当にレベルアップされていました。
1250821_16037.jpg

今年度は9/11にもジャズラボのセミナーを予定しております!
ジャズをしっかり学びたい方、初心者の方も大歓迎! 是非ご参加ください!
http://mesar-jazz.com/event/event_summerseminar.html

2016年8月22日 12:35

RECENT ENTRY

MONTHLY ARCHIVES

ページの一番上へ