JAZZ LABO BLOG

セッション

_MG_0303.jpg

先日、ジャズコースの体験セッションが行われました。
矢堀先生を中心に、一般の方、先輩、在校生入り乱れてのセッショ ンとなりました。
ブルース、スタンダードからドリカム(!)までと、
まさに「いままでのジャズ、これからのジャズ」を体感する1 日でした。
次回体験セッション&説明会は3/14(日)となっております。
JAZZ LABOにご興味のある方は是非ご参加ください!
お申し込みはこちらから。

2010年2月24日 10:44

菊地成孔さん来校


22m11-02121.jpg

先日のZOOCOさんをはじめ、最近学校には、数多くの卒業生ミュージシャンの方々が来校しておりますが、今回は、サックス科卒業生の菊地成孔さんが来校されました。

今回は来年度のパンフレットなどでの卒業生インタビューということで、当時の学生生活を振り返ってのお話や、菊地さんのJAZZに対する思い、今後の活動などさまざまなお話をさせていただきました。
本当に楽しいインタビュー、ありがとうございます。
来年度版のパンフレット&WEBが楽しみです!!

お忙しい中、わざわざお越し頂き、本当にありがとうございましたm(_ _)m

菊地さんのライブ情報など詳細は下記オフィシャルサイトをご覧ください。
http://www.kikuchinaruyoshi.com/

2010年2月10日 10:19

コピー


daiji-th-400x145-27.jpg

久々にコピーをしている。原稿仕事の都合等もあり、何曲か改めて採譜してみようと思ったのだ。そういえば、いつだったか生徒から「先生の書いたあのコピー集、あれは『耳コピ』ですか?」と聞かれたことがあった。
「耳コピ」とはなんぞや、と逆に尋ねると「自分の耳で聞き取って採譜する(演奏する)こと」
だと言う。知らなかった。コピーと言えばそれは自分で聞き取る以外にどんな方法があると言うのだ。生徒によれば楽器店等でコピー集やバンドスコアを買ってきて弾くのが「普通のコピー」、それと「耳コピ」は別だと言う。驚いた。まさか、コピー集を出すのに他の譜面を買ってきて書き写すと言うのか?では、その最初は一体誰が書くと言うのだ。開いた口が塞がらなかった。
しかし、時代は変わったな、自分も歳をとったのかと思った次第です。
そもそも、自分の中学の頃は楽器店に行ってもそれほど多くの楽譜は売っていなかったように思う。あってもタブ譜は発展途上、まだ出始めの頃で「なんだこりゃ」的な扱いだっただろう。ディープ・パープルやツェッペリンの楽譜集は売っていたような気もする。
しかし、楽譜がスラスラ読めるわけでもないので、譜面を見るより耳で聴いて弾いたほうが断然早かった。多くの人がそうだと思うが、サウンドや細かいニュアンス、他のパートや全体の状況、これらをイメージとして掴むことができた。
譜面はある程度売っていたが、大体、やりたい曲の譜面はそもそも売ってもいなかったしね。
ところで「耳コピ」という言葉について、これは面白いので勝手に推測しているのだが、この言葉はCDの普及とともにじわじわ浸透した言葉ではないか、という推測(憶測)。
我々のコピー元のメディアは絶対的にカセットだった。CDが普及してもCDプレイヤーでコピーすることは自分に関してはなかった。
巻き戻しを少し押すとド頭に戻ってイライラしたからだ。しばしばそれは起こり、そのたびに作業を中断してコーヒーを飲んだり一服したりするので一曲取るのに何時間かかるかわからない。カセットはその点「アナログ物理マシン」だから手加減で巻き戻しができる。大体思ったところへ巻き戻すことができた。コピーにはカセットが最適と思う。「耳コピは苦手だ」という生徒が多くいるが、実はこれが原因なのではないかと思う。カセットを使ってみるといい。しかし、今は時代も進んだ。音楽を波形で表示してくれるコンピューター・ソフトがある。これは「耳コピ」効率では間違いなくカセットの上を行く。自分のコピーの精度もぐっと上がっていると感じる。

 ※これからは「耳コピ」なんて言葉はやめて「トランスクライブ
(transcribe)」という言葉を使うことをオススメする。     本文:矢堀孝一

2010年2月 9日 10:34

THIS IS IT

IMG_5108.jpg

皆様お待ちかねの新作入荷!
ライブラリーに『THIS IS IT』が入荷しました!
もうこの映像がどんなものなのかは説明不要!
本当に音楽を愛した人の姿が、そこにはあります。

マイケルはもちろん、彼を支えた世界屈指の超一流アーティストの演奏の数々。
ジャンルの壁を越え、マイケルファンならずとも、一見の価値ありです!

2010年2月 3日 18:24
ページの一番上へ